紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

麟麟り麟♪

麟
どうもです
久々麟太郎です。

麟
すっかり冬仕度のロン毛になりました。

麟
身体は3Lだけど
肉球は控えめなSサイズ(笑)

志村けん氏がコントでこんな毛色の爆発頭のヅラを被ってましたね。

この肉球の毛、やっぱり切るべきでしょうか。。。

で、どこが冬仕度かと申しますと・・・


麟太郎
夏の頃の麟太郎。
顔周りがスッキリですね。


現在の麟太郎。
麟
アップはやめて。

麟
引いて
麟
引いて。
麟
しかし、すごい寝顔ですなぁ・・・

麟太郎さん、うちに来た時から体がでかいので、みんなと馴染む事ができません。
一緒に保護した銀子と金スケとは大の仲良しですが、先住たちには

この大きな体が受け付けてもらえなくて(泣)
怖がられています。

どのくらい大きいかと・・・
ショートホープで比較といきたいのですが(笑)

るい
るいの手


小梅
小梅の手


麟
麟太郎の手。

まぁ仔猫と比較すりゃそりゃぁねぇ・・・

えっ!ダイエット!?

うーん必要かもしれません。。。

保護時4.7kgでもガリガリ。
だから骨格は大きいのでしょうが、現在の体重は・・・多少食べ過ぎたのかもしれません(汗)

最悪だった毛並みはこの9ヶ月で見違えるほど立派になり、私の手に追えないほど・・・

同じ長毛でもシュワとは密度が違います。

放置するとでっかい毛玉になります(泣)

でももう公園に住んでた時みたいなあんな惨めな容姿に戻らないように。



麟太郎はマイーペス。
寝たい場所で寝る。
物怖じしない頼もしい子です。

その反面、先住たちより出しゃばり過ぎず、よくできた子です。(笑)









スポンサーサイト

| 麟太郎 | 14:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふらっふら・・・

麟
夜、病院へ迎えに行くと、無事に手術も終了していました。
と言う事は血液検査の結果も良かったのね。

この病院、昨年先生が変わってからシステムがチョコチョコと変わっています。

以前は術前の検査は有料になるため特別な理由がない限り勧めてくる事はなかったのですが、今の先生、色々とオプションを勧めてくれます(笑)

とはいえ麟の場合、年齢不詳に付き健康状態を知るにはやはり血液検査が必須。

去勢とセットで血液検査をすれば半額で済むのもあってお願いはしたものの・・・・・

先生:「レントゲンの結果ですが内臓も正常な大きさですね。」

おい・・・誰がレントゲンまで撮れと・・・別料金やろ(苦笑)
まぁ・・・異常がなかったので良しと。。。でも通常の去勢手術よりも1.5倍の出費だった(泣)

完全に塞がっていた右目の粘膜の下で眼球がどうなっているか?
手術のついでに粘膜を切開してくれたのですが、眼球の表面は濁り凸凹になり、回復の見込みはなさそう。
近い将来眼球摘出をしてまぶたを塞いだ方が細菌感染の心配もなくなると・・・

左目の視力を失った事は私にとってもショックな事。

とはいえ、日常の生活に支障はないと先生は言う。

でも見えていないから歩きながらたまに左顔面をぶつけている事もある麟。

先生:「見映えが気になるなら義眼を入れてあげることもひとつの考えですね」

うーん、私は見映えとかを気にしているのではない。

最初の処置で抗菌点眼薬のみの治療で様子を見ていた矢先に、猫風邪の蔓延。
麟への対応も手薄になった事も一因だけど、腫れが酷くなってから処方してもらった抗生物質と消炎効果の飲み薬は即効性があった。

最初からこの薬を飲んでいれば粘膜が癒着するような事にならなかったんじゃないかと・・・素人考えではあるが、少し腑に落ちない気持ちが拭い去れないのだ。。。。。

いずれにせよ怪我をする前に保護していれば良かったんだわね。

連れて帰る際に知らされた事。

術後、病院のステンレスケージで養生している間に、、、、

麟太郎さん失禁&脱糞されたそうで(泣)

急遽シャンプーをしてくれていました。

世話をかけたことにお詫びをして帰路に着きましたが。。。。

おっとり麟太郎ですがかなり怖い思いをしたんでしょうか。

帰宅後キャリーケースから出してあげると、醒めきらない麻酔でよろめきながら必死で逃げまくるのです。
若干パニック状態。
フラフラドタドタとアチコチぶつかりながら何かに怯えていました。

触っても撫でても無駄。声をかけてもビクビクして、ケージに入れようとすると更にパニック。

いったいどうしたんでしょうか。とにかく麻酔が醒めて落ち着くまで私が部屋から出る事にしよう。

天、リチャードはこの病院で去勢してもらい、抜糸の必要がない施術で帰宅後は麻酔の影響もほとんどなく元気だったのですが、今回は麻酔がよく効いていたんでしょうか。

シャンプーでビビッてしまたのもあるのか。。。

もう少し気候が良くなればシャンプーをと考えてたのですが。。。



義眼の猫と聞いてふと頭に浮かんだのが「ルパン3世」

緑のジャケットを着ていたシリーズだと思うからかなり古いルパンだ(笑)

船上パーティーだったか?美女のエメラルドを狙うルパンに対抗して、確かシャムネコの目にエメラルドを忍ばせていたのかな。。。

結局エメラルドをせしめたルパンの勝利だったが、子供ながら猫の本当の目はどうなったんだと、無性に気になったものだ。。。



| 麟太郎 | 22:22 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫かぶりな猫

麟
麟太郎♂
若い猫だと思い込んでいたけど、どうやら結構おじさんかもしれない(苦笑)

いつも薄暗い公園で見ていたのもあって、歯をチェックした時も目立った歯石もないので1~2才くらい?と見込んでいました。
ところが明るい部屋で口の中を見てみたら…

前歯が2本ない(笑)

犬歯(猫だけど)もちょっと透けてるしやたら長い?

それが老猫の証拠って訳じゃないけど、先生にも聞いてみたら

「う~~ん余裕で3~4才は過ぎてるかな~?」

って事だったし。

更に…おとなしい猫だと思い込んでたのも撤回(苦笑)

確かに俊敏さには欠けるけど、最近では猫じゃらしにも反応するようになり、やはり保護時はかなりしんどかったのかもしれない。(´Д`)

昨日…台所まで進出してきた麟が私の足元をスリスリ~って通り過ぎた時に、
あっ!!( ̄□ ̄;)!!
なんかかけられた( ̄□ ̄;)!!

ス…、スプレー?

参った(/--)/

まぁ…♂を保護する時点で去勢の必要性については明白だった事で、ただおとなしい麟太郎はまだまだ大丈夫かと思ってただけにかなりの誤算だった…

おまけに意外と喧嘩っ早そうだ(;_;)

かといっていつまでも保護部屋に閉じ込めておくわけにもいかんわな。

去勢一番手は誰に…

| 麟太郎 | 12:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

麟太郎

過去の経験からして、迷っている間に命の保証期限は切れる。

麟太郎
麟太郎200X.1.11
年齢不詳。2007年11月頃、突然公園に現れ、植え込みに住み始める。
人に対する警戒心はなく、ここに来るまでも人間の傍で暮らしていたと想像する。
針葉樹の落葉をベッド代わりにしていたため、持って生まれたゴージャスな長毛は、野良生活には仇となる。。
私の気配をかなり離れた距離から察知して、いつでも待っていてくれた。
ある日、喧嘩による目の怪我を発見。2008年1月11日保護。
治療もの甲斐も虚しく、左目の視力は回復することはなかった。

| 麟太郎 | 12:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寝てるのか?

今日は仕事オフ。
でも外は朝からずっと雨。。。
まるで梅雨入りしたかのごとく・・・
ってことで、
昼寝

寝るっきゃない(笑)
またなんで狭いところで一緒に寝るんだろうか。

ケインとぴあのって、正直仲が悪いわけでもないけどラヴラヴでもない。
昼寝

見ようによっちゃ悲惨な写真にも取れそうだわな
あ、ぴあのさん、またそんな怖い顔して寝てる(苦笑)

 ヒー!! ノ)゚Д゚(ヽ
ぴあの

もう見慣れましたけどね。

隣に広いハウスがあるのに
ハウス

ケインはこちらがお気に入りなのかな?
昼寝


ちなみに広い方は留守中のケイン専用ハウス。
放牧してるとまた誤飲の恐れがあるので、誰もいない留守中とみんなが就寝に付く時はハウスに入ってもらう事になりました(汗)
ブルー

ブルー、寝心地はいかが?

にほんブログ村 犬ブログ プードルへがんばって更新します(笑)

| 麟太郎 | 13:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。