紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もなちゃん、

なかなか皆様にお伝えする勇気が持てませんでしたが


あの子が生きた証をここに残しておきます。




大切な我が子もなか(きのう)が永眠いたしました。



大切な我が子を守ってあげられなかった自分の不甲斐無さ、時間の経過と共に少しずつ冷静さを取り戻すと同時に、

自分の誤った判断が取り返しのつかない結果になってしまった事、もなちゃんをあんな病院へ連れて

行った事を悔やむばかりです。


2008年3月20日(推定)
この世に生を享け
2008年7月19日
たった4ヶ月で逝ってしまったもなちゃん

死因は

解らないまま苦しみながら息をひきとりました。


ミケの体調が落ち着き、しばらくして入れ替わるように



金曜日の夕方頃から少し元気がなかったもなちゃん。



仔猫は容態が急変しやすい事を解っていながら・・・この時点でいつもの病院へ行くべきでした。


土曜日の午後、嘔吐。


午後だったため、かかりつけの獣医さんは休診。

ケインのワクチンとシュワの去勢で利用した事があった近所の獣医へ電話で相談してみました。

ケインのワクチンの時やシュワの去勢の時も少し不信感が残った事・・・今思い出してもしょうがないけど・・・・・

獣医が直接電話で応対し、初診の場合は午後7時30分までに受付をするように、時間ばかり気にする獣医との電話のやり取りでしたがきちんと処置はしてくれるだろうと、6時半過ぎに具合の悪かったもなちゃんを連れて行きました。

検温の結果は少し低体温。温度は教えてくれず。
レントゲンと血液検査のため、もなちゃんだけ処置室へ連れて行かれました。

処置室の様子が閉じられたドアのガラス越しではあるけれど、わずかながら病院入り口のガラスに映っている。

バリカンの音

採血を何処からしてるんだろう

しばらくしてまたバリカンの音が聞こえました。


時々聞こえてくるもなの嫌がる、辛そうともとれる鳴き声。


なかなか処置室から出てこない事に心配になってきました


30分は待たされたと思います。

やっと診察室へ呼ばれ、そこで再会したもなちゃんは連れてきた時よりも、わずか数十分の間に更に状態が悪化していました。

レントゲンの結果は異物を飲んだ形跡はなく腸に閉塞している部分も見つからない。

手書きの血液検査の数値を見ながら獣医は言いました。

「黄疸が出ている」

「脱水を補う点滴処置の間、うつろな状態かと思えば突然動き出したり診察台を降りようとした。薬物中毒の兆候が顕著に出ています。ここへ連れてきた時から様子がおかしかったよね?何か家で薬品を食べてしまった覚えはないですか」

予想もしていない獣医の言葉に私は混乱を隠せなくなりましたが、薬物中毒はありえない事と、
うつろな状態なのは低体温、脱水状態で血を抜かれたからではないのか。

知らない場所へ連れてこられた猫が診察台から下りようとする行動は、何も薬物中毒を起こしていなくとも普通にとる行動ではないか。

今だから冷静に考えられる事も、あのもなの容態を見ながらではとても反論できませんでした。

獣医からの見解もほとんど耳に入らないほど、片時ももなから目が話せない状況。
変わり果てた様子があまりにも危機迫る状態だった事に、とにかくここから早く出なければという気持ちに変わっていました。

更に獣医は薬物中毒と決め付けた寸法で

「中毒の物質を特定できない限り処置のしようがない。入院させても夜は誰もいなくなるのでどうする事もできない」

きっぱり言われました。

結局皮下点滴のみで返され、翌日また来るように言われました。

獣医の嫁である看護師にも

「あの行動は薬物中毒に違いないから家に帰って思い当たる原因物質を探してみてください」

と、もなちゃんがあたかも薬物中毒であるかのように畳み掛けてきました。


私は入院するかどうかよりも、低体温で黄疸が出ていると診断した獣医が、それに見合った今できる処置を、何故少しでもしてくれなかったのか。
悔いが残る一つです

簡単な点滴処置後の説明は、8時を過ぎていたため再び時間を気にするかのようにあわただしく、私を早く帰そうとしているようにも感じました。


気持ちが焦るばかりで何も行動に移せない

土曜日の8時過ぎ

自転車で行ける範囲で動物病院を見つける事はほぼ不可能でした。


もなの命の保証は私に左右される

点滴の効果が表れて持ち直すかもしれない。

そう信じて家に連れて帰りました。


あの時病院を出てタクシーに乗り、夜間緊急病院へ運んでいたら


という気持ちと、

もなのただならぬ様子を見ていると

病院へ到着するまで間に合わないかもしれない

という気持ちが交錯していました。


私が住んでいる街から私が知っている夜間緊急病院までの距離は、土曜日の夜という事もあって渋滞を見込んで、どうしても1時間はかかる距離にありました。


もなちゃんは帰宅後の約30分後

苦しそうに呼吸しながら今まで聴いたこともないうなり声を出し始め、

その呼吸もどんどん弱くなっていきました。


娘と二人で何度も何度も名前を叫びました。

ケインとぴあのが騒ぎ出し、吠え立てる鳴き声に猫達がパニックを起こし逃げ惑っていました。



もなかが死んでしまった



泣いたって叫んだってもなは生き返らない


苦しそうに目を見開いたまま

口も開いたまま


生後1週間のもなかを夜の公園の草むらから探し当てて連れて帰ったのはついこの間の話。

死ぬなんて早すぎる



ごめん、もなちゃん

もっと早くにいつもの病院へ行ってたらこんな事にならなかった。



本当にごめん

もなちゃん



呼吸が荒いもなちゃんがどんどん冷たく、硬くなっていくのがわかりました。

低体温、異常行動、亡くなる寸前に突然自分の前足を噛み始めました。

自分の手を思い切り噛むなんて、そんなことしたらあかん・・・



無理やり口をあけて前足を離すと、今度は私の指に思い切り噛み付きました。

怒った事がないもなが私に怒っているように見えました



異常行動は低体温から来る症状ではないのか。


獣医の診断結果に大きな疑問が残りますが


獣医に対する憎しみが込み上げても、獣医が行なった医療行為を責める資格は私にはありません


一番悪いのは最初に判断を誤った私。

体調不良に気付いていながらすぐに行動に出なかった私の責任。



もなちゃん、名前を呼ぶと必ず返事をしてくれ、いつも私の左の小指を吸ってくれていたもなちゃん




もなちゃん


ありがとうね



忘れないからね













翌朝


昨日の輸液がもなの背中からいつまでも流れ出てきました。



そしてもなの目は閉じていました。


苦しそうに開いていた口も。



午後、もなを荼毘に付しました。



待っている間


小さな蝶々が窓の外から見える水場に飛んできました。


色といい、もなが現れた様に感じました。


喉が渇いてたのかな


水を飲んでいる様に映る姿をずっと見つめていました。




もなちゃん、虹の橋には着いたかな。



私がそっちへ行くまで待っててくれるかな。














ミケへの温かいお言葉を下さった皆様

お返事が出来ず申し訳ありません。



ミケは元気です。





心から感謝いたします。


ありがとうございました










スポンサーサイト

≫ Read More

| もなか | 15:31 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旦那と三毛P

mikep
実は三毛P、41度近い突然の高熱と、それに伴う下半身麻痺に襲われて療養中でした。

七夕の翌朝、ごはんの時間が来ても食いしん坊の三毛Pがじっとうずくまったままでした。
抱き上げると少し熱い程度。でも昨日までの元気な三毛Pとは別猫状態。

前日までは他人のごはんまで食べてしまうほどの食いっぷりだっただけに、心配。。。

触られるのが嫌らしく、人気のいない方へと歩いていく姿は明らかにおかしい。

どうしたものか。

何か食べた?

キャットタワーから落ちた?

いろんな思い当たる節をとりあえず思い浮かべる。

仕事に出かける時間が迫っていたので、ケージに入れて夕方仕事から帰ってきた時の三毛の状態を見て判断する事にしました。

とはいっても、生後2ヶ月そこそこの子猫。

留守中に急変したら・・・

と朝の自分の判断が手遅れになってしまったらと、仕事中三毛Pの事が頭から離れず何度も携帯を見る・・・

先に帰宅する子供から何か連絡が入っていないか?

子供は三毛の急変を知らずに登校したため、気付かずに遊びに行ってしまうかも・・・


仕事が終わり、帰宅途中に何度も連絡するも、繋がらず(泣)


急いで帰宅してみたものの、変わった様子はない。

三毛Pをケージから出してみる。

朝よりも衰弱が進んでいた。

何が原因?吐いた様子もなく、鼻水くしゃみもなく、でも朝よりも確実に体温は上がっている。


病院での触診・・・体重845g。家と違う環境で少し興奮しているも、やはり元気がなく熱っぽい・・・。

誤飲ならば激しい嘔吐を伴う事はイヤと言うほど思い知らされてきた。

三毛の症状に嘔吐は無し。原因がわからず元気が無い三毛にただ戸惑うばかり・・・

朝、前足をかばう様子が見受けられたのでそれも触診。

すごく鳴いて嫌がった。

骨折????の可能性も視野に入れ、誤飲の疑いも否めないので、迷った末にレントゲンをお願いしました。

結果は骨折も異物も映らず。。。。


その日は熱対策にと、抗生物質の注射をしてもらって帰宅しました。


帰宅後、ついに自力で足腰が立たなくなり、トイレにも行けなくなりました。

三毛の身体の中でいったい何が起きているのか?

もしかして怖いウィルスに感染していたのか・・・・?

小さな子だけに検査を見送ってきた事を恐怖に感じました。でも高熱と静かに戦っている三毛には何の責任もなく、私は三毛の容態をこれ以上酷くならないようにしてあげるしかないと精一杯の事をしてあげようと思いました。

自力で立つ事もできないけど、トイレへ連れて行けばちゃんと用を足す事はできました。

呼吸が早くケージの中でひたすら眠り続ける三毛。水分補給とa/d缶、食欲もばらつきがあるものの、スプーン一杯でも食べてくれれば何とか体力キープできるかと・・・・

翌日の水曜日は終日休診。油断できない状態ではあるけれど、ひたすら眠り続ける三毛を見守るに留まりました。

木曜日、下半身は依然麻痺状態。体重780g。体重激減・・・

先生は「拾った子だからねぇ・・・何か病気を持っている可能性も捨てられないね。」

という。

前回の診察時にオシッコを搾り出してもらった際に行なった検査結果では特別に悪い数値は見られなかった。

こうなると消去法で探るしかなく、採血してウィルス検査、生化学検査で今後の治療法を検討するしかなくなった。

「こんな小さい子から血を採るのは可哀想だな~(泣)」と先生は溢していました。

じゃ何か方法はあるのでしょうか。様子を見ている間に症状はどんどん進行しているかもしれないのに。
不妊手術時など、普段ならいろんな検査を勧めたがる先生だが、状態が悪く小さい三毛から血を採ることを必要かどうか思いとどまっている。
私だってしなくていい検査ならさせたくない。ただ原因が解れば一秒でも早く三毛を楽にして上げられるならと。。

検査の結果は、脱水以外腎臓も肝臓も異常なし。。。おい。。。

心配だったウィルス検査の結果は・・・陰性・・・(汗)・・・・

あぁ・・・・検査貧乏。


まぁエイズも白血病もとりあえず陰性が解ったのが今回の検査の収獲って事で。。。。。

いったいどうしちゃったの三毛P。

先生、検査の必要性が無い事を始めから知ってたなんて事無いよね(汗)

高熱の原因が解らないまま、輸液で抗生剤と脱水症状を補い帰宅。

依然三毛の下半身は麻痺。

点滴のおかげか、乾ききっていた鼻が潤ってきました。

とにかくこの状態をキープする事に努める。

絶食で低血糖なんて起こせばこんな小さい子なんてあっという間に危険な状態になりかねない。
寝たきりの三毛のトイレ、食事に水分補給をモクモクと続けました。

その間、旦那も三毛の突然の原因不明の高熱について考えていました。

翌日、少し?回復の兆しが見えてきた?麻痺状態の足を引きずり匍匐前進をするまでになりました。

高熱が続き、麻痺が続くようならば、入院して24時間補液と経過観察をするといわれていましたが、前日40.8度あった熱が40・2度に下がり、午前中に点滴のみしてもらい帰宅。

夕方旦那からの電話。

「三毛の熱は下がるで」

は?何を根拠に?「あんた何かしたん?」

「とにかく、絶対下がるって。」

何を根拠に言ってるのか。そんな急に下がるわけ無いやん・・・といいつつ、娘のヤマハから帰宅。

三毛をトイレに連れて行くのに触ると、

熱下がってる。

っほ~~~~~~。

気持ち悪・・・・旦那、どしたん?


旦那が帰宅後、こんな事を言い出しました。


2日後の日曜日は娘のキックベースボール大会。

ランナーコーチを任されていた旦那は睡眠不足で過労気味、炎天下に出る事で熱中症の恐怖を感じていたというのでした。

確かに最近の旦那の帰宅時間は午前2時3時。

雨で二週も流れ延び延びになってしまった大会は真夏日は避けられない。

結果、そうでしたし(笑)

旦那の熱中症と三毛の高熱の因果関係。。。

「三毛が俺の身代わりに熱を出してくれたんや」

旦那は言いました。

そう思った旦那は仕事中、三毛にお礼を言ったそうです(笑)

「ありがとう、もう解ったから熱を下げてあげてください」

その夜、偶然といえばそれまでですが、三毛の熱は嘘のように下がりました。

ちょっと可愛らしい夏の風物詩・・・ってか。

今三毛は元気に走り回ってます。

下半身がマヒ状態だった三毛が走り回っている姿を見て、旦那はすごく驚いていました。

いえいえ、私だって驚いてます。旦那の念力が通じたのか?それはどうか解りませんが・・・

元気になった三毛は以前よりも甘えるようになったかもしれません。

一度だけ「ゴロゴロ」ノドを鳴らした日がありました。

しかも娘の膝の上(苦笑)

初めてゴロゴロ言ったで~~~でもなんでなんもしとらん娘に。

ひょっとしたら娘も心の中で念じていたんでしょうか。

mikesugu
「あたち元気になったよ~~~心配ちてくれてありがとう~~~」

って言ってるかのように

みんなにあいさつ回りをしている三毛なのでした。

旦那の知人が里親を名乗り出ているようなことを言っていましたが。。。どうなる事やら。


それよりも病院の先生が、なにやら怖い事を言ってました。

すぐ近所にある本院の方にパルボの患畜が最近相次いで運ばれてくるという不気味な話を聞きました。

三毛の容態が落ち着けばすぐに予防接種もしないと・・・・怖いですパルボなんか・・・・・

感染力が強くって予防していたって気をつけないといけないと聞くので、もし近所の野良っちが感染したらと思うと恐怖です。。。。


| | 20:44 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに

20080715122049
マクドにやって来ました(笑)
ファストフードアレルギー疑惑が晴れてからも何となく胃が受け付けず、ってパンに乗り換えたのもなんですが(苦笑)

久しぶりに3階まで上がってきましたが、思い出した事があった!

ハエが常に飛んでだこと(;_;)

いったいスタッフルームはどんなことになってるんだか…

と言って、店内にハエトリ紙をぶら下げるわけにもいかんわな(´Д`)

はっきり言って、不衛生だわ…o(T□T)o

| マクドナルド | 12:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

君は人の為に★るか

20080709133431
朝の通勤電車の乗り換え時。

地下通路を歩いていると、背中に「大阪府警」と書かれた防弾チョッキを身に纏い、ヘルメットを被ったポリ~スメ~ン♪が二名。

普段見慣れないので何かあったのかな?

何処かに

許せない奴がいる

のでしょうか。

とドキドキ。

只今休憩中ですが、

隣に座っているごくごく普通のサラリーマンのお兄さん達の会話の中から「関ジャニ∞」やら「錦戸」なんてWordが聞こえてきました。

え?なになに?最初のほうらへん聞き逃した(´Д`)

同じ職場の誰それが錦戸君の親戚らしく?
サイン貰い放題だと。

それを妬む同僚が云々とか…

ふーん。

職場の女の子が寿退社と言う話題になると

結婚しそうなタイプの子じゃないのに
とか。

言いたい放題のお喋りな男子はちと…

好き?
嫌い?

嫌いじゃないけど

生理的に無理?

高給取りならガマン…(笑)

まだ引き摺る

私もお喋り…(-_-;

| あたし | 13:34 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

願い事

20080707134016
いつも行くカフェに七夕の笹が飾ってありました。

色採りどりの短冊には思い思いの願い事が。


「玉の輿にのりたい」

えぇ私も乗りたい(たかった)わ~…

| もなか | 13:40 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱこれだね

20080707094235
たまに家でワインを飲む時は

猫のラベルのワインを探すのですが、これはお初でした。

ポルトガル産

どうだろう?

微発泡で飲みやすかったo(^-^)o

空き瓶が捨てられなくなるのがたまにキズ(笑)

今日は七夕ですね~

みなさんは星にどんな願いを託しますか?

私は勿論

罪なき命が救われる事…

| | 09:42 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちゅるりらら~♪

チュッチュッちゅるりらちゅるりらら~♪

って言うCMあったっけね。

ルイ
いつでも何処でも
もなか
寝ても覚めても
rui
手がツバだらけ(笑)
るい

手を離したら・・・
もなか
ベロ~~んて
ピントが甘いのが残念。

| もなるい | 17:22 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時の流れ・・・

ブルー
ほんの4年前です。
ブルーが若い!キャットタワーもきれい!
それが・・・
モナミケ
この有様・・・
みけ
ソファーもボロボロになりました(泣)
テープで補修っスよ(苦笑)

| | 08:32 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

色んな意味で問題やで

20080702094235
ここ数週間、週末ばかり雨に降られてスケジュールがどん詰まり状態となっております。

と言うのも、町内の子供会主催のキックベースボール大会が、二回も雨による延期をくらっており、家族を含む今年のメンバーの中に、よほど「雨降らし」な御方がいらっさるんじゃないかと…

次の予定日は来週末。

今週あたり日曜日は晴れそうな気がするのになぁ…

このままだと夏休みに突入しそうだ(苦笑)

平日は梅雨だと言う事も忘れそうなお天気が続いてるのにね(;^_^A

そんな中、電車に乗っていると

もうすぐ梅雨明けだという会話が聞こえてきた。

天気図を得意気に用いて話す超早口な男の人は

「梅雨明けも時間の無駄や」

って…(-_-;

超早口な男の人…(-_-;

相方は何も突っ込まんかった…(-_-;

| みけP | 09:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

満面の

suguru
笑み
スグル



スグル。

| スグル | 12:38 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。