紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひと月

残暑お見舞い申し上げます


もなかの急逝からひと月が過ぎました。

なかなか更新に踏み切れず1日があっという間に過ぎてしまいます。

ご心配くださった皆様からのお言葉は私にとって何よりの支えとなっています。
ありがとうございました。



何から書いていいのか、いろいろありすぎて上手くまとめる事ができません・・・

でも、みんなは元気です。

テレビを見て馬鹿笑いもしています。(私)

表面上はいつもの我が家

ただ、ほぼ毎日自転車で通る場所で、生まれたてだったもながポツンと落ちていた公園の植え込み付近の遊歩道へさしかかると、寂しくなってめちゃくちゃもなに逢いたくなります・・・

自転車こぎながら泣いてる私を見た人は、きっと危ない人だと思っているかも。。。。



私事ですが、

4年間続けてきた仕事を7月末付けで辞めました。

ようやく慣れてきた(どれだけトロいねん!)仕事で、会社の雰囲気にも溶け込んできた?(どれだけ内気やねん)のに、また一からスタートって、年齢的にもしんどいぞと、何度か踏みとどまったけど、、、、
「リセットしよう」
と、8月からの一年更新を拒否してしまいました。

これはかなり前から悩んでいたことで、春ごろから上司に相談もしていた事でした。


そして有休も利用して7月23日で退職・・・

さぁ、ちょっとだけのんびりさせてもらって、お盆過ぎにハローワークに行こうかなって、一人で思っていた7月の始め。
私のささやかな野望「ダラダラ専業主婦復活」を覆すミケの高熱からスタートしました・・・・・・・・・

きっと、私が一日中パソコンにかじりつかないように、次から次へと地雷を設置したんだ・・・

だれだ・・・・

踏みまくったぞ、地雷。


7月はほんとにいろいろありました。

我が家の犬猫たちに降り注いだ災難を忘れないために、そして願わくば繰り返さないために、

書き残していこうと思います。。。。



ちび猫の成長記録も気にかけてくださっている皆様ごめんなさい。

多分、大きくなったと思います。
るい
最近銀子と見分けがつかない時があります(汗)

るいは性格美人な良い子に育っています。
銀子は性格ブス?ってわけじゃないけど、大人になってからの保護で、かなり警戒心が強い子。

みんなと上手く交流できないので不敏な子。

イッチョカミなカブにも一因ありで。

でもみんな我が家の一員だから、いつか雪解けの日が来るのを見守っていこうと思ってます。

仲良組

これからもよろしくお願いします。



スポンサーサイト

| | 18:40 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もなかの記憶

生後間もないもなの保護からの成長記録を、温かく見守ってくださった皆様、本当にありがとうございました。

天寿を全うさせてあげる事ができず、悲しい結果になってしまった事を心から悔やみ、皆様にお詫びいたします。

そして、もなかの冥福を祈ってくださった皆様へ、感謝いたします。


もなの最後の記録を残しておきます。

かなり長文で重苦しい内容が苦手な方はどうかサクっとスルーの方向でよろしくお願いします。





泣いてばかりではもなが次に生まれ変わるために天国へ行く事を迷ってしまうんじゃないか


泣く度にもなが成仏できひん


と頭では自分に言い聞かせながらも

やはり、泣けてしょうがないです。




仕事中に悪いと思ったけど、自分ひとりで抱えきれないほどの大きすぎる悲しみのあまり、もなの死を旦那にもメールで知らせました。

数分後に連絡をくれた旦那はもなが誰なのか把握しておらず、

それまで体調を崩して病院通いが続いていたミケの事?と勘違いしていた。

私のパニック振りを抑えようとする旦那自身も、誰とは限らずとも我が家の猫が「死んだ」という私からの訴えかけを受け入れると、平静を装うのに必死なのがわかりました。



翌日の7月20日、早すぎるもなの死に家族みんなで涙を流して、最後のお別れを見届けてきました。


もなの亡骸を納めた箱は、6年前に生後45日前後の仔犬だったケインをペットショップから連れて帰ってきた時に、お店が用意してくれたもの。

貧乏性で捨てるに捨てられず残していた箱を、まさか今回もなが、こんなに早くこのような形で使う事になるとは思いもつかなかった。


いつもどおりのテレビがついていても落ち込んだ雰囲気の中、旦那が買ってきてくれた花でもなを飾ってあげました。

その光景を見ていた旦那が、テーブルから席を立ちキッチンへ行く振りをして、顔を手で何度もこするのが視野に入りました。


旦那が泣いてくれてる。

どんなに悲しい時でもどこかで冷静な私がいる。
monachan
男の人が選ぶと、何処から見ても「佛花」やなぁ、、、



もなかは旦那がリビングでごろ寝する時に、ブルーの真似をしてよくお腹の上に乗って寝ていたっけ。

指を吸われると「汚いやろが」

といつも憎まれ口を言ってたけど、もうもなに逢われへんのかと思うと、旦那なりに悲しんでくれている。

もなの最期の瞬間に立ち会い相当ショックを受けた娘。

次の日には何もなかったように朝からジャニーズのDVDを見るほど、立ち直りが早い様に見えた。

私にはそんな娘の姿にますますもなが不敏に思ったが、、、

霊園に到着する前から人目もはばからず娘は終始泣きはらしていた。

泣くのが正しいとは思わないけど、もなの死を心から悲しんでいる娘の姿を見て、更に私も思う存分泣いた。

祭壇に安置していただいたもなへ、立ち会ってくださった霊園の方から

「今日はお坊さんには来て頂けませんのでカセットレコーダーですが、亡くなった猫ちゃんが安心して天国へ向かう事ができるように、お経を流します。」

更に

「合同での慰霊祭は毎月決まった日に行なっておりますのでいつでもいらしてください」

との説明を受けました。

再生のスイッチを押す瞬間

涙に暮れている自分とは裏腹に

”ちゃんと巻き戻してるかな”

と、変なところが心配になりましたが、案の定、、、、、

慌てて巻き戻しておられました。



人間のお葬式同様にお焼香をすませましたが、何度も押し寄せてくる悲しみの中、もなへささげたお焼香、あらためてもなが死んでしまった事を確信してしまいました。

私達は今回動物霊園という場所を始めて訪れました。

葬儀の祭壇が置かれた室内には幾つもの棚があり、

「享年二十才」「享年十才」

長年飼い主と幸せに暮らしたであろうペット達の位牌と遺影が沢山並んでいました。

「○○家愛猫もなか 享年4ヶ月」

本当に短すぎるよね




こちらの霊園では飼い主の方が葬儀の後の火葬に立ち会ったり、お骨を拾ってあげたいと申し出る方があまりいらっしゃらないのか、お葬式が終わり、霊園の方だけでもなを今から火葬に向かうという事を告げてこられました。

私としてはどうしてもお骨になったもなを連れて帰りたかったので、同行したい旨を告げると快諾してくれました。

霊園のある山の中腹から更に車で5分ほど昇った場所に火葬場はありました。

隣は犬の繁殖場でしょうか。

私達が霊園の送迎車から降りると、いっせいにいろんな犬達が鳴き始めました。

火葬場の側に繁殖場って、、、この時はそこまで考える余裕もありませんでしたが。

火葬場に降り立つと1匹の雉猫ちゃんが出迎えてくれ、なんだか不思議な光景でした。

もなかを箱から丁重に出してくれた火葬場の男性。

この方は何匹ものペットを天国へ送り出してくれているのでしょう。

火葬台に乗せられたもなに白い布がかぶせられ、家族3人であらためて花を飾ってあげました。

「熱いからあんまり近づかないように」

何度も声を掛けてくださり、

月齢の低いもなのお骨が残るかどうか、努力しますとおっしゃってくださいました。

「これで最後ですよ。思い残す事がないようにお別れをしてあげてくださいね」


いよいよもなと、本当にお別れの時が来てしまいました。

最後にぎゅっと抱きしめたかった。。。。頬ずりしたかった。。。。

でも、お別れを言うのに精一杯でした。。。


3~40分ほどでお呼びいたしますと、火葬場の側にあるエアコンの効いたプレハブの中で待たせてもらいました。


長く思えてあっという間に過ぎた待ち時間。

アゲハチョウより小さくて、少し地味だけどキレイな蝶が窓の外で飛んでいるのが目に留まりました。
misujichou
ミスジチョウ?

後日、記憶を頼りに調べてみたのですが、こげ茶に白いステッチのような模様

多分、この蝶だと思うのですが、外にあった流し台のシンクに留まり、私達が待っている間水を飲んで休んでいるように見えました。

蝶って水を呑むのかな?

と疑問でしたが、この蝶は花の蜜以外に土に降りて吸水する種類だそう。。。。資料によれば獣糞にも留まるって書いてあったな・・・

蝶?だよね?


もなかは脱水を起こしていた事もあって、水を飲んでいるこの蝶を見て、

きっともなやわ。。。喉乾いてたもんな・・・ごめんな   もなちゃん。。。


ぼんやりと眺めながら時間は過ぎていきました。




「お待たせしました。どうぞ」


真っ白のお骨になったもなが居ました。


「こちらが頭骸骨、肩甲骨、背骨、骨盤、大腿骨、そしてこちらがノドボトケです。」

箸で強くつまむと砕けそうなほど、か細いお骨でした。

人間と同じように下から順番にもなのお骨を小さな壷の中へ丁寧に納めていきました。


箸の持ち方が達者でよかった・・・と不謹慎だけど妙な優越感。ほんとにもろいお骨でした。

実際に火葬場の男性はもなのお骨をいくつか砕いてしまいました。



「あ!すみません、大事な事を言い忘れてました!」

お骨拾いも中盤に差し掛かった時に、火葬場の男性が思い出したように言いました。

「ここが肩甲骨です」


「あ、はい・・・」




軽いボケですか?
一応初めて聞いたような応答をしましたが、

「聞いたっちゅうねん・・・」



もちろん心の返事です。

後で話した時に娘も同じ突っ込みをしていた様です。


重苦しい空気の中で、ほんの少しだけ息が漏れた瞬間でした。




悔しさと、心残りと、悲しみにも少しだけ心の整理がつきました。


でも、本当の苦しみを味わうのはこれからなんだなと、

明日から、もながいなくなった悲しみを、家の中のそこかしこで感じる事になるんだなと。。。。




もながお骨になって帰ってきた夜、


ついこの間まで一つの哺乳瓶を奪い合って一緒に育ってきたるいは、もなの姿をずっと探していました。


アントン、スグル、カブ、シュワ

雉柄の子の側へ順番に行っては鼻の匂いをかぎ、私のもとへやってきて「もなは?」と聞いているかのように力なく鳴いて、一人で眠ってしまいました。

るいがもなを探してる

もなにしてはでか過ぎなシュワまで確認してる

切な過ぎるるいの行動を、撫でてあげる以外にどうしてあげる事もできませんでした。。。。


もなの早すぎる死が、あちこちで影響し始めたようです。

| もなか | 17:07 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。