紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

予防という予防

20060504164959
新緑の候、深呼吸で森林浴気分!カラダいっぱいに緑を吸い込み……うーん良い香り(笑)
なーんて気持ち良さそうに新鮮な空気を吸い込もうものなら、っつうか気持ち良くチャーリーこぎながらちょっと緑が生い茂る場所にさしかかろうものなら、突然顔中がちっちゃい虫の大群に包まれる。
そう、冬の間みたいに無防備で深呼吸してると……
げーっ忘れてんだよねぇ(泣)
ちっちゃい虫の大群の中に突撃した瞬間思い出す(笑)
そしてグロスをつけた唇は……
ワプププッって一人もがいているかどうかご想像にお任せってことで(笑)
鼻の中も違和感たっぷり。
ちょっと!ちょっとちょっと!
どうすりゃいいのさ。。

まぁ…、あたしたちが虫の恐怖に脅かされる以上にこれからの季節は犬たちにはもっと恐ろしい病魔が蔓延する季節なのです。
フィラリア症。
そうめんみたいな寄生虫。。フィラリア予防をしない外飼い犬はほぼ感染していると言っても過言ではなかろう。
そしてそれに感染している犬の血を吸った蚊が、今度は他の犬の血を吸う事によって、寄生虫の卵が侵入、媒介されていくという。
フィラリアは犬の『心の臓』に巣を作り、犬の寿命を食い尽くしてしまう。

予防薬さえキチンと用意してあげれば何も恐がる病気ではない。
近年では猫のフィラリア症も報告され、穏やかな気候で無防備になりがちな季節だけど、ほんと注意が必要なのかもしれないな…。

突然だけどカヌー犬『ガク』をご存知でしょうか。
あやしい探検家、椎名誠氏のマブダチでもある野田知佑(ノダトモ)氏。
雑誌記者を経てエッセイストを本業とする一方、最低限?(テント、燃料、食料、本や海外の大自然へ突入する時には護身用のピス〇ルなど)の生活必需品をカヤックに積み込み、世界中の川下りや大自然を堪能していた超自由人。
彼はまた環境破壊問題についてかなり昔から辛口批判でカヌーイストの立場から河川、ダム開発問題における政界の蛮行を告発し続けている一人でもある。
彼は一人旅から『ガク』という犬と出会う。ガクほど世界中を冒険できた犬はいなかったかもしれない。
野田氏の操縦するカヤックの先端にガクは器用に立ち、悠然とした姿で川を下る姿はたちまち川仲間の間に広がり、第2第3のカヌー犬が登場したという。
カヌー猫もいたとか(笑)
ノダトモ氏は旅先での防虫対策も最低限のワクチン接種だけだったと思う。
アマゾン川やロシア、アメリカなどなどの大自然で自由を満喫しながらも、虫という虫に刺されたガクは晩年、フィラリアを発症する。
本来の寿命を全うした犬生ではなかったかもしれない。。
しかし、かたや鎖で繋がれ、そこそこの散歩、吠える度に叱られる都会に住む犬に比べれば、充実した犬生だったかもしれないとも思う。
うちの犬は飼い主の最低限の責任として、毎年の予防策だけは行っているが、充実した犬生かどうか…
通勤電車で動物関連の文庫本を読んでいたうちの一冊から。

スポンサーサイト

| ペット | 16:51 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

♪いなみさん♪

うひょーーーーっ
いなみさんもお読みになりましたか!!
あたしも一冊しか読んでないんだけど野田さんの動物に対する感情って、『あたしとは違う』って思いました。古いタイプの犬畜生感覚かなって。違ってたらごめんなさ~い(-_-;)
ガクは野田さんと最後の冒険に出かけた時たしか検疫の為に何ヶ月だったかな?帰る事が出来なくて…病魔にむしばまれた老体にはかなり可哀想な最期だったような記憶がありました。
ガクは世界中に(笑)子孫を残しているらしいから野田さんはその中からガクの2世3世を引き取って、今も世界のどこかで暮らしておられるのかな?

| renault<RUNO! | 2006/05/05 14:39 | URL |

私も読みました。

ガクの本、私も見ました。
犬を飼ったことのない私ですが
ガクのような犬がいるのか・・・と
軽くショックを受けた記憶があります。
なんとも勇敢で賢い子・・・

が、ガクの最期を記したあたりは・・・
ジックリ読めませんでした(恥)

野田さんのガクの死を知らされたときの
一言が、なんとも言えず・・・なんていうか・・・それ以上何も言えない、という感じとその言葉の中にガクとの人生のすべてが凝縮されている気がして。

あれ?違ったらゴメンナサイ・・・
本は友達かせ借りて読みました・・・ので(恥)
何冊かでてるんだっけ・・・?

RUNOさんちのワンニャン・・・
絶対に充実してる犬生、猫生です!
保証する(笑)

| いなみ | 2006/05/05 04:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。