紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またまた

20060725125552
テレビネタですが。

深夜に『義足のボクサー』(ラブちぇんの後のドキュメンタリー)

っていうドキュメンタリー番組が放送されていた。

生まれつき足の骨に障害を抱えていた一人の青年。

親の決断でまだ幼いうちなら足を失ったショックもさほど大きくないだろうと、障害を患った方の足を切断されてしまう。

残された片方の健康な足と、義足を付けて生活をしながらボクサーを目指しているという。。

もしも切断してなければ、生まれつき骨の障害を持った方の足は、骨の成長を助ける為の手術を何度もしないといけないらしく、更には一生松葉杖を離せない生活が…

母親は足の切断を選ぶ。

そのいきさつを語るシーンだけを聞いていると、母親の口調はとても楽天的な淡々とした、子供の人生を勝手に決めちゃって、酷くない?
とさえ思うほどの決断の速さにも思えました。

でも、そうじゃなく長年背負ってきた母親としての責任や後悔など、さまざまな葛藤もあったに違いないんだろうな、、

子供と一緒に乗り越えるには、明るくしなきゃいけないのかな、、
スポンサーサイト

| あたし | 12:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

♪shuichi223さん♪

難しい問題……
ではないはずなんですがね。
健常者にはわからない苦労を背負っていながら前向きに生きようとする姿勢に、国は“おざなり”というか“なおざり”というか…
いつも思いますね。
テメェら自分の財布で真面目に生活したことあんのか?

ってね!

| renault<RUNO! | 2006/07/31 13:20 | URL |

健康が一番

世の中には生まれながらの障害がある人が一杯います。
私の身近にも居ます、、、
知的障害も身体障害も、、
最近、政府が新しい障害者法を適用しました。
要するに障害者も世の中に出ようと言う事で、
いままで、明るく頑張ってきた保護者の方が、この法律で明るく
出来ない状態になりました。
障害度数が新法では下がり、社会保障の補助が減ったのです。
障害者を世の中に出す為には、その前に世の中のコンセンサスが必要!
でもなにもせずにただ放置しただけ、、、
ただ単に国が赤字だから、、、

ちょっとこのことを思い出してしまいました。

| shuichi223 | 2006/07/27 13:28 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。