紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の終わり

200608261358172
20060826135817
昔住んでいた団地は今みたいにリビングやらダイニングなんて間取りがなく、和室、板の間(笑)炊事場、便所、洗面所に風呂場。

ゴキブリがしょっちゅう出てそのたびに大騒ぎでした(泣)

昔の家には網戸がなかったから、玄関の三角窓や換気扇の隙間から入れぐい状態だったんでしょうか(笑)

そいつらは風呂場や洗面所、炊事場など高温多湿な場所に巣を作る為、常に『ホイホイ』が隙間にありました(笑)。

高校生の頃よく洗面所に黒電話を引っ張り込み、友達と密談(笑)

もち女友達だけど盛り上がってると、ツツツツツツツツ……って目の前を通過したり……。

家にいてもどこか緊張感を持つ場所ってありました(笑)

そこの団地にはあたしが二歳から二十歳まで住んでいたんだけど、ゴキブリはでるし四人家族にとっては狭くていつも『引っ越したい』を連発してました。

そんな団地暮らしだったけど、部屋から見える夕焼け空だけは最高の眺めで。。。

夏場はメインの窓の向かって左側に太陽が沈み、冬場は右側に沈んで行く。

なんでかはわからないながらも沈む場所が日に日に左側から右側に移動していく太陽を見届けながら、去り行く夏に妙な焦りを感じていたのでした(笑)。

“西陽があたる部屋”って唄があったっけ(古)
ただ夏場はその西陽が凄まじく差し込み、部屋の温度を上昇させる為、母親は
『クソ暑い事この上ない』
とボロカスでしたが(笑)
今なら暑けりゃカーテンや簾なんかの西陽対策を連動させるはずだけど、何故だろう?あの頃は暑いのはモーター音だけがやたらとデカい冷えないポンコツクーラーのせいにしてましたね(笑)

“三つ子の魂百まで”
じゃないけど、そんなボヤキを聞きながら育ったせいか?未だにそこのメーカーには拒絶反応が(´-ω-`)

その後やっとの思いで引っ越した(笑)新築一戸建にても何故だか網戸がなく、虫は入り放題。
ほどなくしてゴキブリとの同居が始まった。

ふと考えると、いつも猫がいる家だっただけに、餌の放置やトイレの不始末なんかで単にゴキブリが寄りつきやすい環境だったってわけで(汚)

ついに手に入れたマイルームだったのに、あんまり思い出ないな。。

団地から引っ越した後もっていうか、未だに夢の中に出てくる家は団地、もしくは見知らぬ豪邸(笑)。。

団地の間取りが頭にこびりついてるんでしょうか?

はたまた豪邸は将来住む家かと(笑)

その後結婚して、今のマンションが完成するまでの半年間は、旦那が元々住んでいた三国(みくに)のアパート、そう、aikoの地元付近(笑)で過ごしました。。

そこは風呂無し。トイレ・洗濯機は共同……
夜中のトイレが怖いのなんの(苦笑)

となりの住人が電気のヒモを引っ張る音やイビキの音が聞こえ、もちろん室内アンテナだけに映りが最悪~。。

伊丹空港までの空路が近い為、飛行機は低空故に通過時の騒音やノイズ。

更にはとなりの人がドライヤーを使うだけでテレビにノイズが走る……

この異常事態(笑)を受け入れられたのは半年後の新築マンションの入居ありきの事でしたか(苦笑)。

そういえば冬だったから風呂は二日に一度だっけ!
ちょっと笑える神田川みたいな生活でした。

90年代中半のほんのついこの間の話(爆)

マンション生活が始まった当初、出産を控え仕事も退職し、自分の人生観を見つめ直す時代が始まる。

心を癒やしてくれるペットもいない閉鎖的な完全専業主婦時代がしばらく続く。

子育てで行き詰まったり環境に馴染めなくて心が病んだり。
気候が好くて気分転換したかった時にはチャーリーに子供を乗せて、40分程の道のりを走る。

二十歳まで住んであんなに引っ越したがっていた団地へ探索に出かけたのでした。

あたしが過ごした部屋は誰が住んでるんだろ?

18年間住んでいた団地には、更に次の住人がそれ以上の年数をそこで過ごそうとしてるなんて、なんかあたしも年くったなぁ(泣)とか、子供の頃遊んだり、夜に天の川を眺めた屋上なんかも行ってみたのですが、閑散としてるし怖いし、逆にに不審者に間違われ、とっさに
『親戚の家に来たんですが留守みたいで…』

とかごまかして退散したり。

自殺志願者に見えたんかな(汗)

そしてあたしが生まれてから二歳まで住んでた文化住宅もまだ残ってるだろうか?と近所を散策にチャーリーをゆっくり走らせると……ありました。

あたしがそこに住んでいた年齢からして記憶が無いはずだけど、ところどころ覚えているもんです。
30年以上経過して景色はかなり変わっていましたが、二階建てのアパートだけは昔と変わらず薄暗い廊下に二層式洗濯機が置いてあるレトロな風景に心を動かされたり、何気にポストの名前を探すと、あたしが赤ちゃんの時によく可愛がってもらってたおばちゃんの名字が書かれた古びた紙がそのまま貼ってるのを発見し、
“まだご健在でしたか!!”
と、一人興奮&感動し“あたしも頑張ろう”
って奮起させてくれた事もありました。

築40年は堅いすごく質素なアパートなんだけど、ヒドい傷みもなくまだ人が住んでるなんてス、ス、スゲーやってなんか満足感たっぷりで帰宅した事……

ってもう今から二年ほど前の話だけどね。

懐かしさに浸りたい気分でした。。

残暑の日差しが厳しい昼下がりに聴いてみたいのが浜田省吾の

“PAIN”

暗いとか言わんといてぇ。。。。

スポンサーサイト

| あたし | 13:58 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

♪まぁさん♪

確かあたしと一つ違いでっしゃろ!!
まあ昔の人になるんでしょうか?
お た が い に (笑)

| renault<RUNO! | 2006/08/28 09:48 | URL |

ちわ

風呂なし洗濯機、トイレ共同のアパートですか。まさに神田川ですなあ。昔の人って苦労してるんですね、って冗談ですよぉ(爆)
これ読んで浜田省吾久しぶりに聴きました。
あ!最近ベストアルバム出ましたねー

| まぁ | 2006/08/27 00:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。