紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

倒れたー!

20061008095849
大丸コワ~

家族の誕生日の前後はいつも何かハプニングが起きるんです。。。

仕事中にマイ机の電話の内線が鳴りました。

『旦那様から電話よ(笑)』

『え!?私ですか?』

『そうよ~』

『ほんまに?』

と言うのも電話番号を教えてなかったからかなり疑ったのでした。

入社当時、携帯があるし、職場にかけてこられるのは気が引けるからと、そのまんま2年の月日が流れてました(笑)。

それにうちの職場にはあたしを含めて同じ名字の方が3人いるし。

電話をしてくるなんてなんか余程の事があったのか?

聞くと旦那の携帯に学校から電話があり、娘が音楽の授業中に貧血で倒れたとの事。

『えっ、貧血!?』
普段から立ちくらみを訴えてはいたものの、まさか倒れたとは
(´・ω・`)

それが倒れた際に顔と頭を強打したらしく、あごに裂傷を負っている為保健の先生と今から近所の救急病院へ行くとの事。

いきなりそんな報告を受けてあたしはどうしたら善いものか?
旦那に尋ねたら、

今は意識はしっかりしてるらしいから仕事終わってから行ったらええんちゃう。

旦那の意見はこうだった。

あたしの勤務時間は10時~16時。

電話が入ったのが15前。

どうしょう?早退させてもらうべきか?

今は元気にしてるって言ってたな?

迷ってるうちに動揺が激しくなり仕事が手に付かなくなってきたが、そうこうしてるうちに退社時間に(汗)

急いで病院へ向かう電車の中、よくよく考えたら大したことないとは言え、やっぱり早退して病院へ行くべきだったよな(汗)
娘を保健の先生に押し付けてた事に対してすっかり配慮に欠けてたぞ(汗)
と後悔。

病院が近所で良かった。

着くと処置も検査も済んでロビーの椅子に保健の先生と座っていました。

まずは先生にお詫びとお礼をして改めていきさつを伺った。

娘の顔は倒れた際にあごの他に右目も打ったらしく、まるで殴られたように瞼が紫色に内出血している。

強打したせいで一時的に視力が低下していたので眼底検査もしてもらったとか。

そしてランドセルを学校に置いてきたとの事。

先生はタクシーで学校まで戻るが、娘はどうするか聞いてきた。

あたしは自転車だし、娘だけ家までタクシーで送ってとも言えないし、とりあえず連れて帰ると答えました。

精算の時、保険証を提示して計算し直してもらったのに、
財布の中に¥3,860がなかった((苦笑))

またまた急いで近くのコンビニでお金を引き出し、病院へ戻ると、担任の先生と倒れた時の音楽の先生もいらしていた。

お互いに恐縮しあってお詫びとお礼を言い合った。(笑)

喋りが苦手故にこういう席での場持ちがツラいです。

すると担任の先生が、
『すみません、ランドセルを持って来るのを忘れてました(汗)』

と。

ほんまや!どうせならランドセル持って来てくれたら…って思った(笑)

娘を家に置いてから学校へ行こうと思ったが、職員室の場所がわからなかったので結局一緒に連れて行きました。

するといろんな先生がゾロゾロ登場し、娘が嫌いだと聞いていた傲慢で小太りな算数の先生や、顔が土気色の教頭先生、まるで詐欺師っぽいマジシャンのような小柄な校長先生と先生に見えない先生のオンパレードで、ここは将棋好きが集まる通天閣のお膝元の天下茶屋(てんがちゃや)か
って一人突っ込み

音楽:『私が音楽の教師になってから、稀~に唄の練習の時に酸欠で倒れる子はいますね~
今度は倒れそうになったらしゃがみ込んでや』

算数:『怪我だらけやなあ。何針縫ったん?』

教頭:『そないゆうたら何針縫うたか先生言ってなかったなあ』

と会話がしばらく続き、解放してもらいおっちゃんたちに見送ってもらいました(笑)

また病院通いが続く……

救急総合病院だから、主治医の曜日と時間が限られてるぞ……

ひとまず無事に帰宅出来ました。

スポンサーサイト

| あたし | 09:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。