紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になって・・・

はぁ・・・せっかく書き上げかけていた内容が消えてもた(泣)


下書き更新して席を離れればよかったと激しく後悔。

ちょっとパソコンから離れていたほんの数分の間に、塾から戻って来た娘が勝手にyoutubeにアクセス。

自分のアカウントだとフィルター機能が働いてyoutubeが見られないので、それは分かってるけど、勝手に画面変えるなよ~~~!

戻そうとしたらオーバーフローかなんか知らんが

ボン♪

って音と同時に初期画面の平井堅に(笑)

こんな時、平井堅が嫌いになる(苦笑)

保存してなかった長文(笑)がパァ・・・勹∃勹∃_¢(・ω・`)

パソコンのどこかに残ってないのかーーー?ってハードディスクをなんとかかんとか、とかそんな難しい技、私には使えない。

もう一度思い出して同じテンションで書き起こすのは不可能なので手短に(笑)

いやこの往生際が悪い文章が蛇足だって。





母のいない手乗り猫を面倒見るにはやはり付っきりのほうが良いよな。

旦那の機嫌もすこぶる悪いので、しばらくリビングで寝ることにした。

2~3時間おきの授乳・・・できるのか?

まぁ雑魚寝じゃ熟睡もできないので、自然と目が覚めます。しっかり寝不足。

でも不思議と猫のためならできる。

飲んでるのかどうか解らないけど、吸い付く体力だけはアル。

多分捨てられて間もなかったのかも。

しかしほんとに許せません。

こんなに小さな仔猫を母猫から引き離すなんて。

きっと母猫も子供のことを探してるんじゃないの?

お乳も張ってるんじゃない?

捨てた人、どんな気分でいるんだか。きっと厄介者がいなくなってせいせいしたとでも?

たわけ~~~!!!

って妄想してもしゃーないわな。

私自身手乗り猫を人工ミルクで育てるのは今回が初めて。

衰弱が進んでない状態だから、このままを維持できるように、とにかくミルクをきちんと飲んでくれるようにしないと。。。


仕事で留守の私の代わりに、娘に手乗り猫の乳母役をお願いする。

ミルクと排泄のスケジュールをメールでお知らせ。

これが意外と、娘の隠れた才能発揮となりました(笑)

私が飲ませるとほとんど残していたミルクをしっかり飲ませていてくれました。

電話で経過を確認し、まずは一安心。。。。ってもろ手を挙げて喜ぶにはまだ早いんだけどね。。。

捨て猫を見るたびに連れて帰るにも限度っちゅうものがありまして。

ただ、こんな悪質なケースはしょうがない。。。


ほんと、どなたか、手乗り猫育ててみませんか(苦笑)。 


捨てられたのはほんとに1匹だけ?

仕事終わりの陽がある明るい間に公園付近をウロウロしてみました。

公園で遊ぶ子供たちの中で、いかにもって感じの白いタオルにくるんだ何かを大事そうに抱えている女の子のグループを発見。。。。

その中の一人のおばあちゃんらしき人が子供達に話している。

「ミルク」「おしっこ」

何々?

「ほな帰ったらしっかり手ぇ洗いや」

これは間違いない?

公園の中を横断する振りをして女の子達に近づき白い包みの中を確認。

うちで保護している子と同じ大きさに同じ柄。

あぁ。。。もう一匹いたのか・・・・

女の子はこの仔猫の飼い主?保護主?

大事に抱えている姿からして連れて帰りたいけど親が・・・・ってとこでしょうか。

産まれたての仔猫に迷っている時間はない。

ミルクを飲まなければどんどん衰弱していきます。

「よっしゃ、おばちゃんが面倒見たるさかい、よこしな」

なんて大口叩ける度量もない(泣)

とりあえず先に買い物へ行こう。。。。





暗くなってから再び公園へ見に行ってみた。

女の子が連れて帰ってくれていればいいのだけど・・・


人のいなくなった公園。
女の子が座っていたベンチには、家から持ってきたと思われる赤いコップに入ったミルクらしきものがそのまま置いたままだった。

そして、以前麟太郎が住処にしていた植え込み付近にダンボールで作られたバリケード発見。

これか。

桜の花が咲き始めたとはいえ、夜になればまだまだ冷たい風が吹き仔猫の体温をどんどん奪っていくだろう。



ダンボールをめくってみた。

白いバスタオル。

開けた。

3匹・・・・

思わずダンボールを元通りにして帰ろうかと。

今回は見なかった事に。。。

なわけに行かんわなぁ。。。。。

女の子達、

明日また来てミルクをあげようとでも?

ここで面倒見るつもりですか?

明日まで持たんよ。。。多分。。。
クリックするとデカくなるかも
前日保護した子とおそらく兄弟?

だろうなぁ。でも何故に一匹だけぽつんと土の上にいたんだろう。

他の子は私が探さなかった犬の散歩軍団付近の植え込みにいたのかも知れない。

ほんとさぁ・・・

いい加減にしてよ。

旦那に限界って言われてんのよ。

里親を探そうとしない私が悪いんだけどね(汗)

クリックするとデカくなるかも
黒猫発見。

みんなどのくらいミルクを飲んでいなかったのか、哺乳瓶を拒絶することなく、まだ吸い付く力も残っていました。

しっかし雉柄ばっかり。

4匹のうち、一匹だけが♂でした。

なんだかんだでまた長文。。。


最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。



 
スポンサーサイト

| 保護猫 | 20:40 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

♪shuichi223さん♪

保護するたびに
「○匹目~~~」
という天の声が私の心の中で響いてます(苦笑)
仔猫たち空腹で本当なら低血糖とか脱水とか、衰弱しきっていてもおかしくない状況だったにもかかわらず、みんな勢い良くミルクを飲んでくれてます。
多分、、、仔猫たちの体重も170グラム前後とそこそこあるし、母猫も栄養状態が良くてお乳も良く出てたのかな。
野良だった誉の子、スグルとスバルはこの時期100グラムほどだったし、ってことは飼い猫が産んだのかなと推測してます。

なんだかんだ言い訳して避妊手術の費用を惜しみ、母猫から引き離して仔猫だけ捨ててしまう、、、平然と生きていられる飼い主って身も心も貧しい人間ですよね。

| renault<RUNO! | 2008/03/29 16:42 | URL |

良く生きていましたねぇ。。

しかし、生後1週間ですか。。
保護されるまで丸1日と言う事ですかねぇ。。
生命力の強い子達です。
新たに捨てられたのか?付近の親はいそうになかったんですよねぇ。。
うーん、、、
か細い声も聞こえてしまう、、猫好きの習性ですなぁ。。
ダイを保護した時もそんな感じでした。
(ダイは1ヶ月くらいでしたけど。)
しかし、今回は里親本気で募集する必要ありですかね?
流石にRUNO家の最近の増加速度、加速してますからねぇ。。
とにかく今は目が開くまでは落ち着きませんね。
ちなみに、既に今何匹目か判らなくなっています、、、

捨てられたのかなぁ??
うーん。。

| shuichi223 | 2008/03/29 01:05 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。