紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もっと追究してもいいんでないの?

開業獣医の独り言


こちらのブログの管理人さんは、悪徳ブリーダーの摘発に向けて、現在水面下でありとあらゆる手段を活用して根回しをしておられる模様です。


こんな酷い事が現在も行なわれているという。人間のお面を着けた人間じゃないケダモノ以下のブリーダー。

こんな愚かなヤツらのために、日本における「ブリーダー」と言う言葉がどんどん地に堕ちて行き、諸外国から相手にされなくなるような気がします。

ペット業界の闇を拡大させているのは、悲しくも無知である事に気付いていない飼い主となる買い手側ではないでしょうか・・・

家にいる2匹の犬もペットショップで購入しましたが、犬の生態やブリーディングに興味を持ったときにネットを徘徊している中で、たどり着いたのが動物愛護とは?のいろはでした。

身近で行なわれている動物の販売行為そのものが、動物の命の犠牲の元で成り立っているという現実から、何故目をそらすのでしょうか。

動物の犠牲の上に成り立つ金の亡者は再起不能レベルで社会的制裁を受けるべきです。

何度繰り返されたら、どれだけの生き物が犠牲になれば、法律を執行する権限を握る行政?は動いてくれるのか?

どんなに立派な法律があったとして、今の行政が重い腰を上げなければなんの意味もない。


世間がペットショップの裏側に関心を持ってもらえる日は来るのでしょうか。


話は反れますが、テレビで「納豆がダイエットに効果絶大」と謳えば、

スーパーから納豆が消える程、昨今の情報事情は世間に浸透しているはず。

更にわずかに残って売られている納豆に普段なら有り得ない値段を付ける売り手。嘆かわしい世の中です。

実際にはダイエット効果は真っ赤な嘘と、次から次へと垂れ流す情報に振り回される程、マスコミは消費者の身近に根付いてるはず。




ペットショップを廃絶しろとか、そんな過激なことは言うつもりはありませんが、

展示されている子犬や仔猫だけでなく、展示されている子達を産んでくれた親達について追究できる飼い主がもっともっと増えますように・・・

生き物をまじめに繁殖させようと思えば、巷の自称ブリーダーは廃業を選ぶはず。

飼い手がもっと利口になれば「ペット産業」なんて言葉は死語になるはず。

避妊処置に対して否定的な人間の下で飼われるペット達が、望まない出産をしたとして、罪悪感を打ち消そうと古いしきたりや習わしを都合よく使いまわす身勝手な人間こそが、この世からいなくなれば、、、

そうすれば保健所での動物の殺処分も、なくなる日が来るのかもしれない。

私一人が出来る事はほんとに微力な訴えなのかもしれないけど・・・。



総体的に今の日本はこのままだと間違いなくほかの国に乗っ取られてもおかしくない程、危機意識が低い気がします・・・・。



そんな風に思っている人が世の中にどれだけいるんだろう?
スポンサーサイト

| ペット | 19:53 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

♪おしゃおば1号さん♪

はなかつおちゃんにそんな切ないエピソードがあったのですか。。。
意地でも連れて帰りますね(怒)
自分ちの猫以外はばい菌扱いなんて猫好きの風上にも置けません(怒)
カブの保護時も似たようないきさつでした。(笑)
娘が見つけて持て余していたキジ猫を、娘の友人が「飼いたい!お願いお母さん!飼っていい?」
と母親に懇願していたのですが、
「ぜ~~~~ったいにアカン!元の場所に戻しておいで!あんた喘息やろ!」
という激しいバトルが私の目の前で繰り広げられました(苦笑)
結局は親が面倒見る羽目になるのが見え見えなのだと、母親の気持ちも理解できるし、私の友人でもあったので(笑)
あまり強くはいえませんでしたが
「とりあえず連れて帰るわ」
と、頭の中でうちの猫の数をカウントしながら帰りました。(笑)
ほんとの猫好きには母性が満ち溢れておりますわよね(笑)

無邪気すぎる仔猫の仕草がどれだけ怒りを静めてくれるか・・・ですね。



| renault<RUNO! | 2008/06/13 22:13 | URL |

NoTitle

話がちょっとはずれるかなぁ・・・
二年前我が家のはなかつおを保護した日。
知人の庭でぴょんぴょんと遊んでいるかつお。どこから来たのだろう?とこの子どうしたらいい?と言う知人からの電話で仕事場抜け出して社用車に乗り助けに行きました。
知人と共にいた見知らぬ女性。話をしていると、以前から話だけは聞いていたラグドールのブリーダーと言う事がわかりました。
彼女は絶対かつおに触らないようにしているのが、みえみえ。挙句にはどこかで親猫が探しているかも知れないから、その辺の竹やぶにでも放してくればと言い出す始末。
その言葉にムッ!として「私がつれて帰ります」と家に連れ帰りました。
お金にならない子はどうでもいいの?同じ命なのにと思うと悔しかったなぁ。
結果としては、はなかつおが家族になって楽しい毎日ですけどね。

| おしゃおば1号 | 2008/06/13 21:35 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。