紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愚痴るわよ!

20081030093214
先々週の日曜日の事ですが、

近所の公園に行くと出入口に大きな紙袋が置いてありました。

えぇまさかー!

見るのが怖いけど見なきゃ気が済まない性分(笑)

最近よく聞く大型インテリアショップの大きな紙袋に入れられて置き去りにされた中身。

なんやろ

恐る恐る近づいて中身を見たら

初夏から夏休み前後にご活躍であっただろう…

昆虫が。

何がいたのかまでは確認出来ませんでしたが、中にまだご健在のどなたかがいらっしゃったから、持ち主はケースごとまとめて遺棄したんやろうな

昆虫がいなければ、砂や枯草に丸太を処分すればケースはまた何かに利用できるわけだし。

自分の家は好きなようにお洒落な家具をならべ

いらないものは簡単に棄てる。

でも、なんでこうもいとも簡単に生き物を捨てる事ができて、しかも罪悪感とかないんでしょうか。

罪悪感があっても責任感は皆無でしょうか

とか言う私も中身を十分に確認せず、決めつけておきながら管轄外とばかりに素通りしてしまいましたが

この間放送されたニュースZEROだったか、朝日放送の朝のワイドショーだったかでも、処分されるペットたちの現状を取り上げられていたそうですが、日本の将来ってどうなるんやろかと…。

私は二つとも見逃して、
とあるHPにリンクされていたYoutubeで見たのですが

夏休みの旅行を楽しみにしている子供達に親が迫った辛い選択。

旅行で家を空ける数日間、飼い始めた子猫の対処に困った子供に、

海をとるか

猫をとるか

猫を飼っても構わないんだよ

でも猫がいたら旅行に行けないよ

どうするの?

親が子供にどちらかをとりなさいって…

猫を手離したくないけど海にも行きたい

結局、子供達は海を選び、子猫を保健所行きに決めた。

そして子供達は子猫を抱っこして家族で保健所へ

子供達が泣きながら猫を職員へ引き渡す姿を見て母親は

安心したそうです

小さな猫の為に涙を流していた子供達の姿を見て

優しいとこあるなって

だから機会があれば今度はここからまた猫を引き取りたい

と…涙声の母親は語っていました。

母親のあの涙は子猫の為に流した涙ではなく

泣いてる我が子を見てつられた

もらい泣き

でしょうね。

猫を思う気持ちがあれば

保健所に連れてくるなんて最低な事はしないでしょう。

どうしても旅行に行きたいなら猫も泊まれる宿を探すか

それがなきゃ病院やホテルを探すという手段もあるんですよ

あの親たちは子供達にペットを飼う難しさを教える為に、

猫の命を犠牲にしてしまった。

子供達の心にどんな風に刻まれ、将来大人になった時にどんな風に受け継がれていくのだろう…

ペットブームの悲惨な実情を物語る愛護センターの現状や、すっとんきょうな理由で安易に動物愛護センターへ持ち込む厚顔無恥な飼い主の有り様を、ワイドショーで取り上げるのは見ていてかなり不快です。

何がって…

どんだけ薄情でどんだけアホやねんって…。

飼い主の顔をボカシても音声はそのまま、持ち込まれたペットをテレビで映し出せば知ってる人にはバレる。

ペットを持ち込んだ飼い主が放送後どうなろうと知ったこっちゃない。

でも番組の顔である司会者やコメンテーターが、この現状を全く把握しておらず、レポーターの訴えを他人事のように

今知った

みたいなコメントを垂れ流すのを見ると、放送時にはこの世にはいないかもしれないペットたちに申し訳ない気持ちでいっぱいになります…。

こういう話題はここを覗いて下さる方は嫌というほど見てこられたでしょうから、わざわざ取り上げるのは辛いだけなのかもしれませんね。

ペットブームの悲惨な実情に嘆くのは主役である動物達と、不幸な動物達が一匹でも増えないことを祈る、または実際に正面から向き合う人達ばかり。

何とも思わない人はこれからも変わらないし、自分の身近にも嫌というほどいる。

だから罰則強化ではなく、受け皿を広げるのが最優先の対策なんでしょうけどね。

旅行と猫を天秤にかけて、子供達に命の重みを歪んだ角度から知らしめる様な親って…怖いです

そして生ぬるい法律に
もどかしさが

関西弁で

ほんまに辛気くさい…
スポンサーサイト

| | 09:32 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

♪ぴよこさん♪

お久しぶりです!!
そして、ご訪問ありがとうございます。

その節はとんでもないコメントを置いて行ってしまって、、、すみませんでした。
外見ばかり気にする年頃なら、脱毛症の存在を認める事に更なる神経を費やしていたのですが・・・
加齢とは精神をいろんな意味でたくましくしてくれる、悲しく?絶望的な!?作用だけではなさそうです。(笑)

うちの犬2匹はペットショップ出身です。
この子たちの存在すべてに興味を持ち、少しでも情報を集めたくて踏み込んだネットの世界は、それはそれはショックな事も沢山ありました。

今でこそ、ケインやぴあのの親って、どうしてるんだろう?
疑問を持って当然な事も、当時はまったく考えもつかず、ショップのオーナーさんに尋ねる事もありませんでした。

飼ってるペットの事、人間社会とペットの関係など、動物の生態に興味を持たない人、知らないから自分の子供にも正しい事を教えられない。
不妊手術について、雄も雌も去勢と言ってのける大人がいる、驚くほど曖昧な知識なんだなと、かなりがっかりする時もあります。

実際私も、実家に居た頃は無責任でいい加減で、沢山の懺悔が必要なくらい。。。
自分で猫を飼い始めるまでは雌猫の発情について、間違った認識のままでした。。。。

知れば知るほど悲しくなる現実。
でも、知ろうとする意識一つで、動物の命は確実に救われるんじゃないかとも思います。。。


こんなへんてこりんな私かも知れませんが、これからもよろしくお願いしますね。

| renault<RUNO! | 2008/11/04 01:15 | URL |

動物愛護

こんばんは
猫をたくさん飼っているんですね。
かわいい(=^・^=)
きっとたくさんの愛情を受けて毎日幸せに暮らしているんですね。みんないい顔してます♪

ずいぶん前になりますが(2年ほど前)
私のブログにコメントをいただいました。
ありがとうございました☆
脱毛症の記事に・・・
そんな脱毛症はやっと治りました(^・^)

その朝のワイドショーは私も見ました。
なんて身勝手な、命をなんだと思っているのかととても悲しかったです。そして、命をいのちとも思わない人間がたくさん居るという現実を改めて感じました。
ペットブームなんて言葉、あってはならないと思います。ペットショップがあること自体おかしな事なのです。その背景にはとても残酷で、苦しんで、殺されていく動物がたくさん居る・・・
ペットショップで狭いケージに入れらて、ディスプレイされた動物たちはどれだけのストレスを感じているか、一番親の愛情を必要としている時期にディスプレイされているなんて・・・
そして売れ残った子は処分される
繁殖マシーンとしてボロボロになるまで子供を産まされて使い物にならなくなった子も処分される
生涯、狭く汚いケージの中で散歩に連れて行ってもらえることもなく・・・それが日本のペットブームの背景であるのはまぎれもない事実です。
自分ひとりの力では何も変えることができないと今まで思ってきましたが、そんなことはないと気付いたのは最近の事です。
「動物愛護」自分なりにできる限りの事は微力だすが続けていきたいです。
長々とすみません。
またネコちゃんたち見にきますね(^^)/~~~




| ぴよこ | 2008/11/03 02:20 | URL | ≫ EDIT

♪おしゃおば1号さん♪

私が子供の頃に飼っていた黒猫がすごく凶暴な子で・・・・

問題を起こす度に
「保健所へ連れて行く」
と親から言われていました。

保健所=殺処分

子供ながらに「保健所」に対する恐怖感は半端なく掴み取っていました。

黒猫と共に成長して来た私にとって、どんなに凶暴な猫でも大切な存在でした。
だから、
「保健所行きにだけは絶対にさせない」
と必死に黒猫のことを守っていたなぁ。。。

なんて、数十年前のまだまだおこちゃまだった自分を思い出しました。。


不幸そうな猫を見ると、何かせずにいられない・・・・
過去の危機迫る思い出が今になって反映してるんだろうなってつくづく感じてます。

| renault<RUNO! | 2008/11/01 01:12 | URL |

NoTitle

悲しいですねぇ・・・
なんで簡単に保健所に行けるのかなぁ・・・
そんな考え方しかできない親から育った子供の将来はどんなになるんでしょうかね。

私たちが出来ることは小さいけれど、彼らが毎日元気に一緒にいることは幸せなことですね。




| おしゃおば1号 | 2008/10/31 19:07 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。