紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さて。

旦那が保護したニャンコ

女の子でした。

「ニャア」

と呼んでいるらしいです。

そのままやし…

吉野川で保護したから

「よしの」

よっすぃ~はどうかと(笑)

月曜日に病院へ連れて行った時にはカルテに

とりあえず「よしの」

と記入してもらいました…

家では「ニャア」の方が言い易かったりして…(笑)

見た目に大怪我をしている風でもなくすごく人なれしているので
診察台の上でも大人しかったです。

気になっていたエイズと白血病の検査も、

陰性で、まずは一安心。

ただ…

女の子なだけに、受胎している可能性もなきにしもあらずなわけで。

まだまだ気を抜けないわけで…
スポンサーサイト

| | 09:42 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

♪ぴよこさん♪

いつもありがとうございます~

よっすぃ~の人馴れっぷりはすごいです。
人に対する執着振りを考えると、外での生活はさぞかし辛かっただろうなと、つくづく思いました。

私が保護した猫で、今までウィルス検査が(+)だった子は居なかったんでが、検査前はやはり毎回緊張しますね。
たとえ(+)であっても、受け入れるのは当然ですし、、、。
どんな病気も、ないに越した事はありませんね。

ぴよこさんの愛猫さん、手厚く看護をしてもらえて何よりです。
実家の猫たちは晩年みんな腎臓を患いながらも、治療をしてもらえずに、11年そこそこという短い寿命を閉じていました。
面倒を見ていた母親が
「最期の辛そうな泣き声がなぁ・・・忘れられへん」
と嘆いていましたが、、、、
なんともやり切れませんわ、、、
年寄りの猫の扱い方は、いつまで経っても「昭和なまんま」の傾向が強いですから・・・

| renault<RUNO! | 2008/11/16 15:44 | URL |

NoTitle

こんばんは
人慣れしているんですね^^
写真で見てもおっとりしておとなしそう
エイズ・白血病(-)で本当によかったですね!

私も野良の成猫を二度保護した経験がありますが、いずれもエイズで亡くしましいた(;_;)
先住も拾った子ですが、母子感染の白血病キャリアです。(何年も発症していないので獣医さんが母子感染だろうと)
今は腎不全で週に2回は皮下点滴をしております。いつまでも元気でいて欲しいです。

みんなが幸せに過ごせるように願っています★
では、また~(^^)/~~~


| ぴよこ | 2008/11/13 00:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。