紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

よっすぃ~でございます。

よっすぃ~
よっすぃ~です。
誉に似てるっぽい。
リチャにも。

昔実家で飼ってたグレー系の猫にも似てる・・・

同じようなグレー系の猫が多くて、ブログにアップしても誰だかわかんねー(笑)

我が家の猫は茶系が少ない。
奈良から来たのになんでまたグレー?。

すぐるよっすぃ~




よっすぃ~は旦那が車のドアを開けながら、着替えたり車に荷物を積み込んでいる時に、ひょいと乗り込んできたと言ってました。


すぐるよっすぃ~


いつ入っても良いように、わざと開けてたんと違うん?(笑)

これまでにも何度か車に乗り込んで来たよっすぃ~を、外に出したとも言ってたなぁ。

何がきっかけだったのか?

今日乗って来たら連れて帰ろうと、何が決め手だったのか?

帰路の道中も、車内に放り込んだカヌーの中で、大人しくしていたとか。

ガレージに到着してケージに入れる時も、全く暴れる事もなく、逃走する様子もありませんでした。

常に
ニャア~

と鳴いて反応するだけ。



家に着いたら…いきなりカブと小梅がケージを覗きこんできたので

フー!シャー!と怒っておられましたが…
人間大好きよっすぃ~は「猫嫌い」なのかも?

まぁ。。。まだ保護して一週間なので、焦らずに。



これまで餌場に一緒にいた他の猫というのは、以前に岩場から川に落ちそうになっていた猫で、カヌーをしていた旦那が救出してあげたと、

「俺らしくない事をしてしもた」
と言ったかと思えば

「俺が居らんかったら死んどった」

「俺が助けてやった」

と、それはそれは自慢していたあの猫らしく…

その子も何処かで飼われている子かと推測していましたが

旦那が毎週通っているカヌーポイントの川沿いに設置された、無人休憩所に猫ハウス?が置いてあるらしく…
帰る家はなさそうな感じでしょうか。

その子と「よしの」の仲が合わなくて

後から来た体が小さいよしのの居場所が無いのを不憫に思っていた旦那(笑)

川に訪れる人達から餌を貰ってどうにかこうにか食い繋いで生きていたようです。

ただ決して猫好きな人ばかりじゃないのに、餌付けされて警戒心のない猫には危険がつきものですよね。

川に訪れて車を停める人達は
旦那も含めてドライブの延長線上の

「今日も猫いてるかな?」

と楽しみ感覚なんでしょうね。

「捨てられた猫は長生きできひんのに連れて帰っておいでよ~」

と、猫缶を持って行こうとする旦那に軽く促していると

「断じてありえへん」

と、 断言していましたが

ホームセンターでもらったカリカリの試食品を「俺用」に確保してジャージのポケットに隠し持って行ったり(笑)

「缶詰よりカリカリの方が食べよるわ」

と、好き嫌いを聞いてあげてる旦那でした(笑)

何を思って「ニャア」こと「よっすぃ~」を保護しようと決心したのでしょうか(苦笑)

私だって
今まで保護して来た子達は、大怪我とか、出産したてとか、手のひらサイズの子とか、
それこそ「私が居らんかったら死んどった」
子達が大半で、それでさえも保護はかな~り慎重に行って来たつもり?でしたが…。

ほんまに連れて帰って来た

と未だに気分は半笑いです。



道沿いにある休憩所にハウスを持って来たのは
子供連れの親子だそうです。

子供の膝に乗りたがるよっすぃ~を連れて帰ってあげられない事に、せめてもの優しさを与えたかったのでしょうか。

でも結局そのハウスは、よっすぃ~ではなく、もう一方のあの猫が占領しているとの事で・・・


捨て猫に対してハウスを買ってあげる気持ちがあるなら、
もう一歩踏み出して
「うちの子」

として迎えてあげる気持ちも持っていて欲しいなと

思う今日この頃でございます。
スポンサーサイト

| よしの | 23:18 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/11/25 03:38 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。