紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オアシス

20060312112449
うぅ……保護する前の大丸とリチャ。
懐かしい……

今年に入り古株だった野良猫の『母(ななちゃん)』が亡くなり、その跡を追うように逝ってしまったカイ♂。
母にベッタリだったグレー♂は寝床を最近転々としているのか、たまに姿を見せるだけとなり、公園の倉庫の床下は空き家になっていた。

二匹が亡くなった原因を考えていた時に、ずっと気になっていたこと。。

あたしがこの子たちの存在を気にし始めた頃、餌場には近所の方が設置された猫用の飲み水が置いてあり、継ぎ足し用の水が入ったペットボトルも置いてあったりで、飲みたい時に常に水が飲める環境だった。
去年の10月頃、母たちのテリトリー近くにうちのチビ4を保護して以来、新たにを数匹捨てた人間がいた。
野良猫が増える事に誰もが懸念を抱き、ついには駐車場の持ち主から猫の餌やり禁止の看板を設置されてしまった。

その頃から餌場は定まらなくなり、水飲み場も撤去された。
餌場がなくなったとたんにあちこちで無秩序に餌を与える人が現れて、残飯や空き缶が散乱するおかげで、否が応でも片付けなきゃいけなくなった。
今思うと、水がなくなってからの母たちの水分補給はどうしていたのか?
あたしは痩せっぽちな母の体型ばかりに気をとられて栄養価の高い食事にしか着目しておらず、水の心配はご近所任せにしていた。

最近リチャが膀胱炎になりストルバイトも確認され、先生からのアドバイスはとにかく水を飲ませるのが最優先だという事だった。
どんなにフードを吟味したって、ストルバイトの発症しやすい子はいる、普段から飲みたい時に飲める水、トイレを我慢しなくてよい環境…
これがまず大前提だという指導を受けました。

もしかしたら母たちが急に逝ってしまったのは水分不足が原因だったのかもしれない。。。。



野良の餌やりは不定期だけど、ある日の野良の夕食は、時間差で3人の方々からもらっているのを目撃した。
それからここ最近になって、生き物にとって水分補給の大切さを体を張って伝えてくれたような気がする母たちの死を無駄にしない為にも、あたしはご飯より温めたお湯を持参するようになった。

寒さが厳しい屋外で暮らす猫たちはお湯がとても気に入っているようだ。
そしてあたしんちの水飲み場は3箇所に増設され、この時期は気付いた時にぬるま湯に交換している。
ま、犬たちは温かくない水がイイらしいのだが……

スポンサーサイト

| ペット | 12:43 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

♪shuichi223さん♪

だんだんと野良が住みづらい環境になってきました。
ヒドい人は自転車に乗りながら持参した弁当箱を道ばたにぶちまけたり。
焼きそばとか海苔玉ふりかけご飯とか、イカリングだかオニオンリングだかを放置してた時もありました。
もちろんソッコーゴミ箱行きです。

| renault<RUNO! | 2006/03/14 13:29 | URL |

そうですねぇ。。

水は結構大事なものですね。
ノラちゃんたちは各々で水場を確保している様ですが。。。
確かに尿管結石でなくなる場合もあります。
本当はあちらこちらではなく、一箇所にまとめて餌場にした方が、環境にはいいのですよね。。。
無秩序になると、夏場など腐りかけたご飯があちらこちらなんて事も往々にして見られますし、、、

| shuichi223 | 2006/03/12 20:30 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。