紅いぬ碧ねこ~akainu/aoneko~

renault<RUNO!から「まみん」更に『まんさく』に改名しました。 プードル2匹に猫が多数(笑)。たくさんいれば何かが起きます。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

車に跳ねられた子猫2

虫の息ではあるが子猫はまだ生きていた。

とりあえず、家につれて帰ろう。息を引き取るまで、看取ってあげよう。

旦那の不機嫌な顔が浮かんだが、この際なんとでも言えと、娘と子猫を連れて帰ることにした。

バスタオルとトイレシートを敷いたキャリーケースに子猫を入れる。
しかし野良だけに蚤がすごい。

いくら死の一歩手前とは言え、蚤をばら撒かれちゃかなんと、しばらく蚤とりに明け暮れる。

フロントラインのスプレーをかけながら何とか蚤を駆除。

子猫はまだ生きていた。
こん睡状態ではあるものの、呼吸は事故当初より安定してきたようにも思える。

子猫はかごの中でピクリとも動かず眠り続けた。


翌朝、子猫は生きていた。

道路の脇に放置していれば、息絶えていたかもしれない。
でも、そのほうが長く苦しまずに逝けたのか。

なんとなく子猫用ミルクを飲ませてみた。

力なくだけど、少し飲んだ。
時折かごの中から悲鳴のような泣き声を上げ、手足をばたつかせる。

たぶん左側の頭を強打したせいか、右へ右へ回ろうとする。
とても歩けるどころの話じゃない。

と言うか、子猫の意識はずっと回復していない。
このまま衰弱していくのかな。
やっぱりしんどいだけなんかな。

つれて帰ってきたことがこの子にとって苦痛を長引かせるだけなんかなと自問自答しながらも、水分補給だけはし続けた。

金曜日に保護し、土曜、日曜と昏睡状態だった子猫。

またつれて帰ってきたと、旦那は最初私を非難していた。

私はもう面倒で無視していたが、娘が状況を説明してくれたおかげで何も言わなくなった。

たぶん、この子が死んでいく子だと思っていたからだと思う。


しかし、丸二日間の昏睡状態から、、、

生還しちゃいました(笑)

私も信じられませんが、あの状況から助かるなんて、なんて運のつおい子w

きっと私の寿命持ってったな。

月曜日にはミルクをごくごく飲み食欲も出てきた。

ただ眼球の腫れと、斜頚と右回りはしばらく続いた。


そして現在、「死に損ない」と言われながらもなぜかみんなに可愛がられているのでした。



スポンサーサイト

| | 14:11 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

おしゃおば1号さま

お久しぶりです!
すっかり放置ですみません。
もう我が家の定員はとっくにオーバーしてるんですけどね(汗)
っていうか、猛スピードで車の下に吸い込まれて行った様を見て、まさか助かるとは想定外(笑)
本当に強運の持ち主です。
写真を載せるの忘れてましたね(汗)すみません
そちらの猫ネコズはお変わりないですか?

| まみん | 2010/12/13 22:27 | URL |

久しぶりにお邪魔してみたら・・・
なんと強運な子なんでしょうね。
見てしまった人まで選んでいたかもと思ってしまいますよ。
早くお顔見てみたいです。
???何匹になりました?
我が家は8匹で止まっていますよ。

| おしゃおば1号 | 2010/11/17 12:43 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。